債務整理ドットコムのロゴ

無料法律相談。事例Q&A

借金(財産について) > 持ち家

税金滞納で持ち家が差押に

家を差し押えたと法務局からハガキが届きました。
市県税と固定資産税の滞納です。
生活が苦しくてどうしようもできません。いい方法はありますか?

  • 司法書士久保田事務所
    司法書士久保田事務所
    久保田 勝也

    税の支払いを免れる手続きはありません。 他に借金があって どうしても苦しくて支払えない場合は、先ず債務整理をすべきです・

    税金以外に、消費者金融等からの借入れがあって苦しい場合には、債務整理をすることをお勧めします。他の借金の負担を軽くして、税金を支払うようにする方法です。
    他に借金が無くて、苦しくて税が支払えない場合は税担当部署に出向き、事情を説明して支払方法を打ち合わせてください。 
     司法書士に詳しく事情を話して、相談してください。
     

  • 司法書士法人 横野事務所
    横野 正典

    税金は法律上『非免責債権』の扱いなので、催促は止まりません。

    税金は自己破産をしても、免責されません。従って、支払いの催促を止めることはできません。役所側と滞納している税金を分割で支払いしていく旨の交渉していくか、任意売却などで家を売却したお金で税金を支払っていくしかありません。

  • 枡本総合法律事務所
    枡本 安正

    不動産の差押えは、まだ余裕があります。

    不動産の差押えを市役所がしても、実際に公売手続きまで進むのは、まれです。そのままにしておくのが通常です。
    市役所に行って支払い方法について分割支払い方法等、相談するのは良いですが、勤務先とか銀行預金明細とか言わないようにするのが大事です。預金金融機関は近くの金融機関はやめた方が良いでしょう。

  • ひだまり法律事務所
    芝 憲司

    税金の支払いを免れることは、時効にでもかからない限り法律上困難です。

    相談者の資産や税金以外の負債状況にもよりますが、他にめぼしい資産がないのであれば、家を任意売 却してお金を捻出するしかないと思います。それでも全債務を弁済し得ないときは、自己破産という選択肢もあります。ただしその場合であっても税金の支払いを免れることはできません。
     どうしても家を残したいということであれば、住宅資金貸付債権の特例を利用して民事再生手続を使う方法もありますが、どのような法的解決が可能なのか、専門家にご相談されることをお勧めいたします。

  • 伊藤法律事務所
    伊藤 芳生

    法律上、差し押さえ後の対応策は、支払う以外にどうにもできません。
    支払うことができない事情を説明し、借家として借りることが可能かどうかを尋ねてみることも一案と考えます。

  • 中山司法書士事務所
    中山 泰道

    専門家への相談をお勧めします。

    現在の収入状況や借金の状況がわからない限り、具体的なアドバイスは難しいです。一度、債務整理に強い司法書士か弁護士へ相談してみることをお勧めします。
    何としても家を失わないようにするべきか、家を売ってでも生活を立て直した方がいいのかも詳しく内容を聞けばアドバイス可能だと思います。

    大阪府豊中市庄内西町1丁目1番1号
    ドマーニオガワ201
    中山司法書士事務所
    司法書士 中山泰道
    0037-6030-11824(通話料無料)

  • 司法書士 三宅総合事務所
    三宅 康雅

    詳しくお話しを聞かないと適切な方法は、お答えで来ません。お近くの司法書士にご相談に行って下さい

TOPへ戻る

ピックアップ事務所

埼玉大宮法律事務所
【相談料0円&費用分割可&全国対応&土日祝も受付中】過払金請求は着手金0円とし借金で悩んでいる方には費用面でも負担を掛けさせません

埼玉大宮法律事務所

一括相談リスト