債務整理ドットコムのロゴ

無料法律相談。事例Q&A

債務整理 > 債務整理の可否

現在、任意整理を考えています。

現在、任意整理を考えています。現在の借金はDCMXキャッシング13万ショッピング100万(1ヶ月延滞後、カードは強制解約)イオンクレジットキャッシング9万ショッピング80万。
銀行系30万と50万。
消費者金融49万です。
全て此処3年間での借金です。
実は過去にも任意整理をしており、同じ過ちを繰り返してしまいました。
自分で作った借金ですので、出来れば任意整理と言う形で借金を返して行きたいと思っています。
後、甘い考えだとは思いますが、親と同居の為、親にばれるのは避けたいと思っています。
何軒かの無料相談を行っている事務所に相談をしてみたところ『破産しかない。』『個人再生』『ここの会社は減額は応じないから破産が一番じゃないですか?』と言われてしまい、どうして良いかわからず質問をさせて頂きました。
任意整理だとして、1ヶ月に支払える金額は、五万から六万までの間です。
やはりこの位の金額での支払いですと、任意整理は難しいのでしょうか?

  • おがわ町総合法務事務所
    達脇 清将

    任意整理は難しいですが、不可能ではありません。

    ご相談内容に対し回答します。

    ざっくりとした情報のみなので、断定的に回答することは不可能なのですが、
    ご提供いただいた情報のみで判断すると、
    あなた様に20万円以上の預貯金があり、
    かつ、確実に月6万円を支払う資力があるのであれば、
    まったく不可能とは言い切れません。
    20万円以上の預貯金というのは、
    弁護士か司法書士に支払う報酬額を考えたときに、
    そのくらいは必要になってくるためです。

    いくつかの事務所に相談された結果、
    破産か個人再生という返答だったということは、
    上記の預貯金額もしくは月の弁済資力に不安がある、
    という判断だったのではないでしょうか。

    最後に、繰り返しになりますが、
    上記2つの条件のクリアが、可能か否かの分水嶺であろうと思われます。

  • ひだまり法律事務所
    芝 憲司

     基本的には相談された弁護士先生のお話になるとおりだと思います。任意整理は相手のある話なので、相手が応じてくれなければできません。会社によってスタンスは異なりますが、おおむね分割は3年程度ですし、減額可能なのは一定額を一括で支払える場合です。今回のお話しからはそのような解決は難しいように思われます。

  • 司法書士行政書士 児玉事務所
    児玉 卓郎

    回答

    任意整理は債権者との合意で、返済期間を長くした上で、1月の金額を減額してもらう方法です。当然債権者の同意が必要です。ただ期間は長くしても5年を超える期間は難しいです。現在の借金を60で割りまして1月にの金額が5万、6万になるかどうかです。過去に違反してるとなると任意の和解は厳しい面もありますが、個人再生や破産だと債権者の取分はかなり減少するので、貴殿が月5,6万の返済をするという強い意志であればかのうとも思います。

  • 司法書士すなはら法務事務所
    砂原 恵一

    破産か個人再生を薦めます

    ご相談者様の詳しい状況が分かりませんので、一般的な回答になりますが、破産が可能であれば破産を、破産は難しいが個人再生が可能であれば個人再生を選択した方が良いと思います。
    任意整理をして毎月支払えたとしても、5年後には貯金はほとんどないでしょうが、破産をして毎月5,6万円を貯金すれば相当な金額の貯金ができます。
    債務整理は生活の立て直しのために行うものですから、任意整理で払っていけるかどうかを基準に考えるべきではありません。

  • 司法書士法人 すえなが事務所
    末永 博

    かなりむずかしい

    私はDCMXは扱ったことがありません。つまりは本当に分割払いを認めてくれないかどうかがわかりません。通常貸金業者はその会社との取引期間より長い和解となるのは嫌います。あなたと各債権者との取引期間が3年ですので3年以上にすることは難しいということになります。借入総額が約300万円あるので毎月5万円の分割として約5年間になります。分割の期間としては標準としては最長です。(債権者の中には個別に10年くらいの和解を受け入れてくれるところもありますがごく例外と思っていただいたほうがよいです)ただ、5万円も支払う余力があるのですから破産ではなく、個人再生は十分できると思います。
    親に内緒はむずかしいと思います。任意整理であればとりあえず親に内緒で和解ができるかもしれませんが、5年もの長期間病気だとか事故だとかまったく返済に支障なく済めばいいのですが、なにかで支払いが滞ったときに債権者からの催告でばれてしまうのではないですか。
    だいたい親に内緒とかでやっててますます苦しくなってしまう例のほうがはるかに多いです。
    おそらく、借入期間が3年以内ですから元金減額もほとんど期待できないでしょうから、元金減額は個人再生によるところとなるでしょう。
    どうしても、任意整理ということであればやってみますが、債権者のうち1社でも長期分割はだめだとか、利息を付けないと和解しないとか、きつめの条件が付けられると任意整理ができないことになります。
    どうしてもというのであれば、体がきついかもしれませんが、副業で収入を増やすのですかね。
    そこまでするよりは、親に話して再生をした方がずっとらくです。親には親の収入証明とか不動産の証明書など出してもらうことになるかもしれませんが、金銭的な協力なしでもできると思います。
    申立てた後、親孝行として少しでも小遣いをあげたら喜んでくれるのではないですか。
    再生となれば月返済は3万円弱になるので親に1万でも2万でも渡すことができるようになります。

  • 司法書士 原真由美事務所
    原 真由美

    任意整理にこだわる理由はなんでしょうか?

    ざっと計算させて頂きましたところ債務が331万円あるということですが、これば全て3年間で作った借金だということであれば、恒常的に月に10万弱のお金が足りていないのではないかと思います。債務整理は全債務につき基本的には3年間(36カ月)、例外的には5年(60カ月)で返済することが必要ですが、果たして、約束だけ取り交わしたとしても5年の長期間にわたって履行が可能でしょうか?逆に、破産という根本的な治療をした上で、今後の生活を立て直すことの方が良いのではないかと、私も考えます。「家族にばれたくない」という理由のためだけに無理な任意整理をすることは、いつまでたっても現状を打開することにはならないと思いますし、家族に結果知られることになったとしても、一時期そんな自分と向き合って二度と同じ轍を踏まないようにすることの方が大切なのではないかと思います。勇気を出して英断をしてほしいと思います。

  • さんよう司法オフィス
    岩本 美智雄

    任意整理の目安は40回~50回ですが、やってみる価値はあります。

    過払による減額はほとんど期待できませんので、総額331万円について、毎月の支払原資を6万円とすると、55回の分割払いの任意整理案を検討することになります。
    任意整理を試みることには何ら問題ありませんし、成立する見込みが全くないとはいいきれません。
    やってみて、ダメなら、その結果を得たうえで他の方法を考えられてみては如何でしょうか。

TOPへ戻る

ピックアップ事務所

埼玉大宮法律事務所
【相談料0円&費用分割可&全国対応&土日祝も受付中】過払金請求は着手金0円とし借金で悩んでいる方には費用面でも負担を掛けさせません

埼玉大宮法律事務所

一括相談リスト